2017年1月15日日曜日

チンタオサウルス Tsintaosaurus

チンタオサウルス 
Tsintaosaurus
体長:約9m
発見地:中国
時代:白亜紀後期

かつては、鼻面に対し垂直に突き出した、角のような突起をもっていたと考えられていました。しかし、後年の研究で、この突起が平たいトサカを構成する骨の一部であることがわかりました。



台湾国立自然科学博物館にて2013年撮影 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿